京都大学 機械工学群の願書出しました。

タイトル通りですが、京大の機械工学群の院試願書を提出しました。
受付は明後日6/21までなので、受験希望者の方はお気をつけ下さい。

京都大学 工学研究科 平成30年度修士課程学生募集要項

京大は7月中頃に追加で資料提出で手続きは終わり。
東大は7月に願書提出なので、しばらく必要な事務手続きはないですね。

最近時間の流れがとてつもなく早く感じます…院試までに間に合うかな…

ではっ

Comments

  1. YNM

    こんばんは、いつも楽しく拝見しています。
    願書提出されたということですが、第一希望に書いたところの教授にはメールなどでアポ(出願許可など)取られましたか?

  2. recal

    >YNMさん
    京大の方は特別なにもしてないですね。
    東大の第一希望の研究室は研究室訪問した際に教授と面談することが出来たので直接言いました。
    とは言え、東大・京大の機械系ではともに研究室配属は筆記の点数をもとに決められるので、別に必要ないと思いますよ。
    寧ろ、自大の先生にちゃんと伝えておく方が大事やと思います。

  3. YNM

    なるほど、参考になります。

  4. ふじ

    recalさん
    二度目で申し訳ないんですがH25年流体の最後のxbを求める問題なんですが、これは特定の値は出るのでしょうか?自分の結果だと入口近くに行けば行くほど良いという結果になってしまいました。もし良ければ考え方など教えていただけないでしょうか?

  5. recal

    >ふじさん
    (4)の解答が
    P1 = 8πμQ1 ✕ { xb/(A1^2) + (h^2 + (xt – xb)^2)^(1/2)) / (A2^2 + A3^2) }
    (5)はゲージ圧P1が最小となればいいので、dp1/dxb = 0を考えます。
    (4)の式でA2=A3=Sとしてやり解いていくと
    xb = xt – 2hS^2 / (A1^4 – 4S^4)^(1/2)

recal にコメントする コメントをキャンセル

Feature Articles